放射線治療を受ける前に~悪性ながん細胞を改善する治療を知る~

看護師

放射線治療とは

女医

放射線治療は、がん治療の際に用いられる治療方法です。がん細胞にピンポイントで放射線を照射することで、がん細胞を的確に破壊し進行を食い止めることが出来ます。転移性のがんや神経症状を和らげる場合にも放射線治療は使用されます。

放射線治療の具体的な内容としては、がん細胞が分裂する際には必要な細胞に影響を与えることで細胞の増殖を防ぐことが出来ます。放射線治療に使用される放射線の種類としてはX線やガンマ線、電子線などの3つが一般的です。放射線治療のメリットとしては外科手術治療のようメスで身体を切開する必要がないという点です。そのため臓器の機能を失うことなく、効率良くがん細胞のみを治療していくことが出来るのです。その他のがん治療の場合、臓器の摘出や、臓器の機能の全部もしくは一部分など失う可能性が十分にあります。そうなるとがん治療に成功したとしても、以前と同じよう活を過ごすことは出来ません。そのため生活の質を変えたくないと希望する患者さんの多くが、放射線治療を選択しているのです。

放射線治療は単体で行なわれることもありますが、抗生剤治療などの薬物療法を組み合わせることで、より高い治療効果を実感することが出来ます。放射線治療を併用は再発を防ぐ目的や、患者さんの痛みを和らげる効果もあります。放射線治療は担当の医師に加えて、放射線診断医や外科医、薬物療法腫瘍内科医などがチームを組んで行ないます。専門知識を持ったプロによる放射線治療を受けて症状を改善していきましょう。

免疫細胞療法の仕組み

看護師

最新のがん治療に免疫細胞療法という治療方法があります。自分の免疫細胞を体外で培養し体内に戻すことで身体の免疫力を向上させることが出来るのです。副作用のリスクが低いのが特徴です。

View Detail

転移がんの治療

病院

転移がんは発生した場所から 、血液やリンパ液と伴に全身の隅々にまで移動し繁殖したがんのことを言います。がんの種類や今までの治療方法などから治療対策を考えることが出来ます。

View Detail

肺腺がんの特徴

シニア

肺腺がんは肺がんの1つです。肺がん同様に初期症状があまりないため、発見が遅れてしまうことが多いタイプのがんになります。早期発見・早期治療が肝心ですので定期検診をしっかりと受けましょう。

View Detail